■プロフィール

ryou

Author:ryou
思いっきりミーハー。
どのチーム、どの選手を
応援しているかは
追々わかってくると思うよ。

■【PRエリア】

■最近の記事
■カテゴリー
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
クルム・伊達公子選手 く~っ、惜しいっ!
ウィンブルドン2回戦。
クルム伊達公子選手とヴィーナス・ウィリアムズ選手との対戦は見応えがありました。

ヴィーナスのパワーについていけるのかな?
と、試合前は心配だったのだけれど、伊達さんはヤワじゃなかった。
すごいですねー。
最初から気持ちで負けてしまう選手が多いなか、伊達選手の気迫は見ていて気持ちが良かったなあ。

ラリーの組み立てが素晴らしいというか、頭脳的というか。
ヴィーナスのパワーショットに負けることなく、
しかし同じ土俵でパワー勝負するのではなく、うまく相手の力を利用しつつ、絶妙のショットでポイントをとっていった。

3時間の試合でも、まだまだ体力的に戦えることを示したけれど、
第3セットの終盤、ブレークしきれなかったのが残念だったな。
第13ゲームにしても、押し気味だったのにブレークできずにキープされてしまった。
その直後の14ゲーム目、伊達選手の惜しいミスが続いてしまい、
最後まで粘ったけれど、ヴィーナスに勝つことはできなかった。

んー。惜しい!
勝ったヴィーナスもさすがなんだけど、伊達選手にも勝機があっただけに、悔しいね。

スタンドの観客は、コートを去る伊達選手にスタンディングオベーションで賞賛を送っていたけれど、伊達選手はよっぽど悔しかったのか、表情を崩すことなく足早に消えちゃった。
伊達選手にとっては「惜しい」「ヴィーナスに善戦」じゃ満足できない、勝てた試合展開だったでしょうから。

あの負けん気こそが、40歳にして衰えることのないチャレンジ精神につながっているんでしょうね。
スポーツ選手って、やっぱり闘争心が原動力なんだなあって改めて思いました。

敗れた伊達選手も、あきらめなかったヴィーナス・ウィリアムズも、ふたりとも素晴らしい試合を見せてくれました。

伊達選手は、やっぱり芝のコートが似合うなあ。


伊達選手を見ていると、年齢という壁は自分で勝手に作ってしまうもの、ってことがよくわかる。自分で壁を作らなければ、どんどん前に進むことはできるんだ。
簡単なことではないけれど、勇気づけられます。

伊達さん、がんばれ~!



テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

テニス | 11:16:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。