■プロフィール

ryou

Author:ryou
思いっきりミーハー。
どのチーム、どの選手を
応援しているかは
追々わかってくると思うよ。

■【PRエリア】

■最近の記事
■カテゴリー
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ロナウジーニョ、ジーコ監督のもとへ移籍??
今季のロナウジーニョを見ていると(って、今季は彼のプレーを見る機会が少ないけれど)、輝きを失っちゃったなぁと思わざるを得ない。それがケガなどからくる不調なのか、モチベーションの低下なのか、彼の限界なのかはわからないけれど。

その平凡になってしまったロナウジーニョをバルセロナが放出するというのは、当然ありえる話だと思う。

で、ここにきて「トルコのフェネルバフチェがロナウジーニョ獲得?」というニュースが流れている。フェネルバフチェといえば、ブラジルの先輩、ロベカルが移籍したところ。監督は、あのブラジルの英雄ジーコさん。なんだかブラジル県民会みたいな雰囲気になってきたな。

ジーコ監督が呼び寄せれば、それにロベカルがおいで、おいでと手招きすれば、けっこうロナウジーニョのトルコ行きは現実味がある話かも。トルコってお金持ちなのねー。



ブログ:dsでトレーニング



スポンサーサイト

テーマ:◆リーガエスパニョーラ◆ - ジャンル:スポーツ

サッカー【リーガ・エスパニューラ】 | 21:48:33 | Trackback(0) | Comments(0)
アイマール復帰間近!?
アイマールが今週末、日曜日のアルメリア戦から復帰するかも~~。

1月8日に恥骨炎の手術をしたアイマール。
チームは現在15位と、昨年の躍進が夢か幻かというような超・超・絶不調。
2部降格という、まさかまさかの崖っぷちに立たされている。

アイマール復帰はサラゴサのサポーターにとって願ってもない吉報でしょう。待ちに待った復帰に違いない。
もちろんチームにとっても。
アイマールのクラックとしてのボールさばき、決定力が、悪い流れを断ち切ってくれるかもしれない。

でもリハビリから戻ったばかりのアイマールが、チーム状態が最悪のなかにはいって、そこでコミュニケーションをうまく築けるだろうか。良いリズムを取り戻すことができるだろうか。

心配だけれど、今のサラゴサは、天才アイマールの頭脳と右足に頼るほか道はないのだものね。

アイマールがチームの救世主になってくれることを祈るのみ。
そして元の輝きを取り戻して、楽しそうにプレーしてくれたら、うれしいな。

当然ながら、サラゴサ×アルメリア戦なんか、wowowで放映してくれるわけがないけれど、見たいな、アイマールがボールを蹴る姿や彼の笑顔・・。



テーマ:◆リーガエスパニョーラ◆ - ジャンル:スポーツ

サッカー【リーガ・エスパニューラ】 | 10:16:48 | Trackback(0) | Comments(0)
野茂の行方
3年ぶりのメジャー復帰に挑戦している野茂英雄投手。

野茂は、ルマン監督が就任したロイヤルズでメジャー枠に残ることを目指していたが、5人の先発候補枠からははずされてしまった模様。

う~ん。やっぱり難しいのか~。くやしいなあ(って私が言うことじゃないけれど)。

でも野茂は、そのままロイヤルズで、リリーフ投手としてのメジャー昇格をめざす決意を示しているとのこと。
彼にとっては、もちろん先発投手というのが目標だとは思うけれど、ロイヤルズというチームの環境の良さを考慮し、チームに貢献できるならリリーフでも、と考えているようだ。

たしかに年齢的にみても、また怪我によるブランクがあったことを考えても、先発での復帰はかなり厳しいはず。

ではリリーフならどうか・・

彼の三振がとれるピッチングは、リリーフとして魅力だ。
がっ!
四球が多い彼のピッチングが、昔と変わっていなければ、それはリリーフとしてはとてもリスクが大きい。

野茂は、リリーフピッチャーとしての居場所を見つけることができるのだろうか。
メジャーリーグに、再び彼の居場所をつくることができるのだろうか。

39歳の挑戦。
野茂のことだもの、「厳しい道のり」というのは、あきらめる理由にはならないだろう。
目標があり、そこを目指す強い意志がある限り、彼はあきらめない。

がんばれ、野茂。

テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

野球 | 11:43:44 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。