■プロフィール

ryou

Author:ryou
思いっきりミーハー。
どのチーム、どの選手を
応援しているかは
追々わかってくると思うよ。

■【PRエリア】

■最近の記事
■カテゴリー
■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WBC 日本連覇!! 侍ジャパン、やったね!!
ワールドベースボールクラシック(WBC)の決勝戦

侍ジャパン、連覇達成!! 
やりました、やりました!!

粘る韓国を振り切った試合、最初から最後まで息つく余裕もないほど緊迫したゲームでした。

日本はヒットも出てたし、点もとったけれど、満塁とか一・三塁とか、追加点のチャンスを何度もつかみながら残塁の山を築いてて、ハラハラドキドキ。もっと気楽に観戦できる展開にしてよ~って、何度思ったことか。

日本のまずい攻撃のあと、何度も韓国に流れが行きそうになったけれど、そのたびに、先発の岩隈が韓国打線をぴしゃりと抑えてくれた。

今日の試合のイチバンの功労者は、岩隈投手だと思う!!


でも今日の試合は、全員がヒーローだね。
守りも集中していたし、打席でも、なんとかしたいっていう気持ちが伝わってきた。

8回は、疲れがみえる岩隈から早めに杉内に変えていれば・・という気もしたけれど、あそこで1点差に追いつかれて、9回に同点にされて、延長に突入して、そのおかげで「10回の表、ツーアウト二・三塁、バッターはイチロー」という劇的な場面が作られた。

そう考えると、土壇場で同点に追いつかれた試合展開は、そのあとのイチローの感動的な決勝打という、日本のファンの喜びを倍増させるための、神様が用意してくれた演出だったのかも、なんて思っちゃう。

日本中が「打って!」と祈ったあの場面で、その祈りを見事に実現してくれたイチロー。やっぱりすごい選手だな。千両役者というのでしょうか。


侍ジャパンは、試合を重ねるごとに強くなってたよね。
「(スタメンをはずれて)ベンチにいるときも、試合に出ていましたから」と言った川崎選手の心意気が象徴するように、全員が一丸となって戦っている雰囲気が伝わってきた。ベンチのムードが良さそうだったものね。

投手陣は本当に充実していて、大崩れする心配がまったくなかったし。
松坂がMVPだったけど、岩隈もMVPに値する内容。ダルビッシュの速球は世界に通用するってことを示したし、杉内は最高に安定していたし、田中マー君の思いっきりの良さは気持ちがよかったし、ワンポイントの中継ぎをしたほかのピッチャーも、きちんと勝利に貢献してた。日本が世界に誇る投手陣!! 天晴れ、です。


それにしても、韓国も強かったなあ!!
あの脅威の粘り。そしてパワー。守備も堅かったよね。抜けるかなと思ったヒットが好守備に阻まれるシーンが何度もあった。投手陣も素晴らしかった。日本のバッターたちが本当に苦しめられたよね。

でも、そんな強い韓国を倒して連覇できたってことは、誇れることだと思う。
緊迫した素晴らしい試合だった。

仕事をすっぽかして、決勝戦をテレビ観戦した甲斐があったわぁーー!!

侍ジャパン、おめでとう!!

療養中の村田選手も含め、みんな、ご苦労様でした!!



スポンサーサイト

テーマ:WBC - ジャンル:スポーツ

野球 | 18:10:04 | Trackback(0) | Comments(0)
おかえり、野茂!
野茂英雄投手がメジャーに帰ってきた! 3年ぶり、1000日ぶりの大リーグ復帰だって。うっうっうっ・・・うれしい・・。おかえり、野茂~~。(放映は見てないんだけど・・)

野茂のメジャー復帰の舞台は、先発ではなかったけれど、地元でのヤンキース戦。
2番手として7回から登板。3点を追う展開で、3回を投げた。ワンポイントではなく、3回を投げさせてくれたというのは、ヒルマン監督としても、野茂のピッチングがどこまで通用するか見極めようという考えだったのかなあ?

その野茂のピッチングは、あまりピリッとしたものではなかったようだけど。3イニング65球、4安打2四球2失点。三振はひとつ(松井から奪った三振だね)。相変わらず四球が自分の足を引っ張っている感じ?

3年ぶりのメジャー登板で、いきなり先頭バッターにヒットを打たれ、連続四球などで満塁にしちゃうなんていうところが、ひやひや野茂。9回は二死から連続本塁打を打たれちゃったみたいだし。

結局、野茂の投球に対しての評価はどうだったんだろう?
けっこうイケルかも。って思ってもらえたのかなあ? だったらいいなあ。
球は走っていたのでしょうか? 9回の2連続本塁打は、たぶんちょっと疲れちゃったか、気が抜けたか・・だよね。そのあと松井を三振に仕留めたんだから、球に威力はあったのかな?

どうか野茂にチャンスを。がんばれ、野茂! チャンスをつかめ!!

テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

野球 | 17:23:30 | Trackback(0) | Comments(0)
野茂の行方
3年ぶりのメジャー復帰に挑戦している野茂英雄投手。

野茂は、ルマン監督が就任したロイヤルズでメジャー枠に残ることを目指していたが、5人の先発候補枠からははずされてしまった模様。

う~ん。やっぱり難しいのか~。くやしいなあ(って私が言うことじゃないけれど)。

でも野茂は、そのままロイヤルズで、リリーフ投手としてのメジャー昇格をめざす決意を示しているとのこと。
彼にとっては、もちろん先発投手というのが目標だとは思うけれど、ロイヤルズというチームの環境の良さを考慮し、チームに貢献できるならリリーフでも、と考えているようだ。

たしかに年齢的にみても、また怪我によるブランクがあったことを考えても、先発での復帰はかなり厳しいはず。

ではリリーフならどうか・・

彼の三振がとれるピッチングは、リリーフとして魅力だ。
がっ!
四球が多い彼のピッチングが、昔と変わっていなければ、それはリリーフとしてはとてもリスクが大きい。

野茂は、リリーフピッチャーとしての居場所を見つけることができるのだろうか。
メジャーリーグに、再び彼の居場所をつくることができるのだろうか。

39歳の挑戦。
野茂のことだもの、「厳しい道のり」というのは、あきらめる理由にはならないだろう。
目標があり、そこを目指す強い意志がある限り、彼はあきらめない。

がんばれ、野茂。

テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

野球 | 11:43:44 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。